おそうじ酵母 成分



>>おそうじ酵母 最安値はこちら<<

 

 おそうじ酵母には酵母と乳酸菌、麹菌の三つの善玉菌が配合されています。通常、人の腸内には善玉菌や悪玉菌を始めとする腸内細菌がたくさん生息していますが、日々のストレスや乱れた食生活、不規則な睡眠などの生活習慣が影響して腸内環境が乱れ、善玉菌が減ってしまうことがあります。

 

 腸内の善玉菌が減ると、便秘や下痢などの腸内トラブルの原因となったり肌荒れを起こしたりと、健康だけでなく美容にも悪影響をもたらすことがあります。そのため、腸内の善玉菌を適度に増やすことが大切です。その中でも酵母は微生物の一種であり、たんぱく質やビタミンB群、必須アミノ酸などが豊富に含まれていることが特徴です。

 

 また食物繊維も含まれており、食べたものの消化や吸収を助ける働きがあります。そのため、腸内環境を整えて便秘を改善する効果が期待できます。またビタミンB群は栄養素をエネルギーに変換する働きを持っており、摂取することで疲労回復効果も期待できます。

 

 さらに核酸という成分も含まれていますが、これは人が成長するのに欠かせない物質です。摂取することで新陳代謝が活発になり、ストレスなどでダメージを受けてしまった細胞を修復させるとも言われています。

 

 おそうじ酵母には生きて腸まで届く有胞子性乳酸菌と、乳酸菌の働きをサポートするビフィズス菌が含まれています。

 

 乳酸菌に便秘解消効果があることはすでに有名な事実であり、摂取することで腸内が悪玉菌が嫌う弱酸性の環境になるため、結果として善玉菌が腸内で優勢な状態になり、腸内環境が整います。

 

 さらに腸内環境が整うことによって便秘解消効果だけでなく、免疫力アップの効果が期待できたり、アレルギーの緩和や肌荒れの改善などのさまざまな効果も見込めます。

 

 さらにおそうじ酵母に含まれている麹菌は、雑穀育ちである多穀麹です。麹菌には現在わかっているだけでも3000種類もの酵素が含まれていると言われており、おそうじ酵母を飲むことで生きた酵素を摂取することができます。

 

 また、多くの酵素はビタミンやミネラルと一緒に働くことで知られているため、麹菌はこれらの補酵素をバックアップする作用もあると言われています。さらに、多穀麹は殺菌をしない無菌製法によって作られているため、たとえ一年間保存しても酵素の量はほぼ変わりません。おそうじ酵母に含まれる善玉菌はヨーグルト7個分に相当するため、すっきりとした朝を迎えられる効果が期待できます。